ドイツEichstätt(アイヒシュテット)おすすめスポット5選【①Willibaldsburg城】

こんにちは、きのこです。

 

前回に引き続きドイツ バイエルン州の美しき町 Eichstätt のご紹介です。

 

今回はアイヒシュテットおすすめの場所5選 をお届けします。

 

【お城・博物館・レストラン・カフェ(ホテル併設)・激安スーパー】を選びました!

まずはお城から、どうぞ!

お城への散歩道

Willibaldsburg ヴィリバルツブルグ城は、1353年に建てられたお城です。

丘の上にあります。

駅から歩いて行くことができ、ちょっとしたハイキングにぴったりです。

お城に続く小道

↓このように未舗装の道もあるので歩きやすい靴で行きましょう

 

↓小道沿いに地球の歴史の読み物が点在

 

まだ人間がいない頃の地球のお話

 

休憩がてら立ち止まって読むのも楽しいです!

Google翻訳ダウンロードしておくと便利です

 


↑「デボン紀」などの説明がされているようです

 


↑マルタやイタリアにもありましたが、ここドイツにもワンちゃんエチケット袋。

袋が無料なだけでなく、使用済みをここに捨てることができます。

 


↑さぁ、どんどん進みます。

小道の先の丘

↓登って行くと草原が広がっていました。

 

↓気持ちが良いので、お城とは反対方向へ、
ちょっと寄り道。

 

 

 

丘の上の小さな教会

↓丘の上に小さな教会を発見

Frauenbergkapelleという人気のチャペルです。

礼拝堂には巡礼者のための2つの切手があるそう。

そろそろ引き返してお城に向かいましょう!

ついにお城へ

↓トンネルに入ります。(車・バイク・人OK)

 


↑トンネルの中

 


↑トンネルを抜けて振り返ったところです

 


↑石畳を進むと駐車場、そして奥にはビアガーデンがあります。

ドライブ途中の人やツーリンググループの立ち寄り場所になっており、とても賑わっていました。

 

※2020年3月2日から駐車場が一時閉鎖
2020年3月2日以降、ヴィリバルツブルグのすべての駐車スペースは、改修のためにアクセスできなくなります。

 

週末にはアイヒシュテットの州立職業学校(城から約250 m)で、限られた数の代替駐車スペースを利用できます。

 

また、オープンウォーターの駐車場(城まで徒歩約15分)にはより多くの駐車スペースがあるようです。

 

なお、事前の申し込みにて城の中庭に2つある障害者用駐車スペースの利用ができるそうです。

 


↑城壁

アイヒシュテットの庭園

↓有名な庭園(残念なことに、この日は入れませんでした…)

1597年にアイヒシュテットの司教ヨハン・コンラート(Johann Konrad von Gemmingen)が1haほどの広さで、8つのテラスが作られた庭園を造りました。

この司教さん、植物愛好家だったそうです。

 

この庭はたちまち有名になりました。

 

写真ではちょうど木々で隠れて見えないので…、

 

↓こちら、お土産で買ったポストカードです。

バシリウス・ベスラーの植物画

この庭園で栽培された植物を詳細に描いたのが、薬剤師・植物学者・植物画家であったバシリウス・ベスラー(Basilius Besler または Basil Besler)というお方。

 

『アイヒシュテット庭園植物誌』(Hortus Eystettensis)の植物画を描き、出版したことで知られています。

 

これは850ページの本で1084の植物が記述され、ベスラーの描いた367点の版画がつけられた、人類史上最も初期の銅版よる大型本の一つです。

 

初版は1613年刊の初版は300部刷られ、4年で完売したそうです。

 

ほぼ実物大で、細部まで精密に描かれています。

 

1640年と1713年の2度出版され、1668年には日本にも輸入されています。

 

江戸時代ですね。

現在日本では「アイヒシュテットの庭園」というタイトルで、

 

『アイヒシュテット庭園植物誌』(Hortus Eystettensis)からカラー図版を多数収録した本が売られています。

 

もちろん日本語です。
(出版社:タッシェンジャパン、発売日:2002年9月1日)

特別仕様のものもあります。
「アイヒシュテット庭園植物誌」初版彩色本 全3巻 復刻版(1450部)

 

こちらは2006年発行のラテン語です。

 

銅板印刷術を再現、紙から作った完全な復刻版。

 

インテリアとして飾ったら素敵ですね。

 

Besler,Basilius-Hortus Eystettensis:
Universitätsbibliothek Eichstätt-Ingolstadt,
SJ Ⅱ 2892-2894.(s.I.[Eichstätt:] Besler,1613)

 

↓ベスラーの描いた植物画が印刷されたポストカード

 

↓様々なグッズになって、素敵!お城の内部で買うことができますよ!

 


↑まさかベスラーさんも、350年後に自分の絵がこんな風にみんなに喜ばれるなんて、思っていなかったでしょうね〜。ほんとかわいい。

お城の内部

↓お城の案内図

 


↑うーん、ドラクエに出てきそう!最後の鍵がないと開かないような雰囲気を醸し出してます。

 


↑井戸 携帯落とさないように…

 


↑深さ76.5mもあります

 


↑イタリアのモデルに基づいたルネッサンス様式(古代ギリシア・ローマの文化を復興しようとする文化運動であり、14世紀にイタリアで始まり、やがて西欧各国に広まった)のお城です。

 

 

 


↑屋上からの眺め

 


↑ドイツ国旗がたなびいていました

まとめ

【Willibaldsburg ヴィリバルツブルグ城】

住所:Burgstraße19 85072 Eichsutätt

電話:08421 4730

営業時間など:月曜休業(1/6,イースターの月曜日,5/1,精霊降臨祭(移動祝日)の月曜日,8/15,10/3,11/1は営業 )

4-9月;9:00-18:00
10-3月;10:00-16:00

その他の休業日:1/1,告解火曜日(移動祝日で2021年は2/16),12/24,25,31

 

いかがでしたか?

 

中でも私の一押しは庭園植物画のグッズです!

 

もっと買っておけばよかった〜!と後から思ってしまいます。

 

では、次回は博物館のご紹介です。

 

お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *

© 2022 きのこブログ | WordPress テーマ: CrestaProject の Annina Free