【食べられる?】ねぎ坊主って何だ!?【ネギの栄養がすごい!】

こんにちは、きのこです。

 

先日、立派なネギが安くで売られていたので買ったのですが、

 

ついつい放置してしまい、

 

見ると…

 

 

ねぎ坊主発生!

 

 

なんともかわいい

 

 

うーん、これって食べられるのでしょうか…?

 

 

切ってみます

おぉ、なんか芸術的です!

 

 

よーく見ると…

小さな花が密集している様に見えます。

 

というわけで、このねぎ坊主について調べてみました。

 

 

ねぎ坊主とは?

ネギ坊主とは、想像通り、ネギの花のことでした。

 

数十輪から場合によっては千輪以上の小さな6弁花が、ほぼ球形に集まって咲きます。

 

このねぎ坊主、蕾のうちに食べると美味しいそうなのです。

 

花が咲いてしまうと芯が固くなり、美味しくなくなってしまいます。

 

 

 

ねぎ坊主の食べ方

つぼみの状態のねぎ坊主は、

 

様々な料理に使えます。

 

ネギの味をギュッと凝縮したような味で、

 

少しだけほろ苦く、中でも天ぷらはとても美味しいと評判です。

 

他にも炒め物、刻んで薬味に、素焼きでもOK!

 

海外でもねぎ坊主をサラダに入れて生で食べることがあるそうです。

 

 

というわけで、照り焼きにしてみました!

 

 

 

お味は…

 

 

かなりの美味!

 

 

これは想像を超えた美味しさでした。

 

 

柔らか〜い、ねぎの味の物体です。

 

 

柔らかいので食感はねぎっぽくない。

 

 

食感が少しザクザクしていて、

 

 

とっても美味しかったです。

 

 

 

ねぎ坊主の栄養

基本的にはねぎ同様の栄養がありますが、

 

つぼみには葉から送られてきた栄養がぎっしり詰まっています。

 

ちなみにネギをカットしたもの1カップ(200ml)分には、以下が含まれています。

  • ビタミンK:成人の1日の推奨量の2倍。血栓を予防し、骨を強く保ちます。
  • ビタミンC:1日摂取量の約25%。細胞を損傷から保護する抗酸化物質です。
  • 葉酸:1日摂取量の約16%。DNAを作るのに必要で、妊娠している女性にとって特に重要です。

ねぎ坊主…というかネギの効能

 

繊維たっぷり!

カットねぎの1カップには、一日に必要な繊維の約10%が含まれています。

 

繊維をたっぷり摂取すると、満腹感が高まります。

 

また、コレステロール値が下がり、 糖尿病 ・心臓病 ・その他の病気にかかりにくくなります。

 

 

がんとの闘いを助ける可能性があります!

ねぎは、特に胃での癌の成長を妨げる可能性があると研究されています。

 

アリシンと呼ばれる化合物が、細胞が癌化するのを妨げ、

 

腫瘍の広がりを遅らせるかもしれないということです。

感染を防ぎます!

 ねぎ類からの抽出物は、長い間薬として使用されてきました。

 

細菌、真菌、ウイルスを殺すことができます。

 

実験では高濃度下においてサルモネラ菌・大腸菌の殺菌・成長阻害が確認されています。

 

 

体を守ります ! 

ねぎのグループの野菜には、細胞を損傷から守る抗酸化物質と呼ばれる化学物質を含む植物栄養素が詰め込まれています。

 

フラボノイドやポリフェノールなどのネギに含まれる抗酸化物質は、癌・炎症 ・加齢性疾患につながる可能性のある物質であるフリーラジカルを追い詰めます。

 

抗酸化物質は調理中に力を失うので、新鮮なものが最高です。

 

 

その他ねぎ坊主情報

香りが気にならなければ、花束はカットブーケにも使用されるそうです。

 

確かにかわいいですからね。

 

まとめ

ねぎ坊主は、ねぎの花でした。

 

葉から送られてくるねぎの栄養たっぷり!

 

つぼみのうちが美味しく、天ぷらがおすすめですが、

 

普通のねぎ同様、様々な調理法で頂くことができますよ!

 

ネギを放置してしまったことにより、

 

結果、ねぎの栄養も再確認できました。

 

こんなにすごい栄養が詰まったスーパーフード、

 

さぁ今晩のおかずにいかがでしょうか。

 

 

本日もご覧頂きありがとうございました!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *

© 2022 きのこブログ | WordPress テーマ: CrestaProject の Annina Free